遺産相続、相続手続き、遺言書のことなら岐阜県土岐市の司法書士法人グッドライフへ!

岐阜県土岐市(東濃地方)の司法書士事務所
ホーム > 相続について > 法定相続人とその相続分

法定相続人とその相続分

法定相続では誰がどのぐらい相続できるのか

相続人が1人の場合は、相続人は被相続人の遺産を単独で相続することになるので、相続する割合などは問題になりません。しかし、相続人が複数いる場合は複数の相続人で遺産を分割しなくてはいけません。遺言等で指定されていれば原則としてそれに従いますが、指定がない場合は民法で定める割合にしたがって各人の相続分が定められます。

相続人が1人 相続人が複数
遺言等で指定がある場合 指定がない場合
遺産を単独で相続 原則として遺言に従う 遺産分割協議で定める 民法で定める割合に従う

法定相続人の範囲

現在の相続制度は、配偶者相続と血族相続の2本立てです。法律では「配偶者は常に相続人となる」と規定されています。また血族相続人には順位があります。

第1順位 子や孫(直系卑属)
第2順位 親や祖父母等(直系尊属)
第3順位 兄弟姉妹

配偶者は被相続人に子がいれば子とともに相続人になり、いなければその父母、父母もいなければ被相続人の兄弟姉妹と相続人になります。配偶者の相続分は、誰と相続するかによって変わってきます。

法定相続分の基本のパターン

以下に法定相続分の基本パターンを掲載しています。この他、養子などがある場合、非嫡出子※1がいる場合、1人の相続人が子としてと代襲者※2としての二重身分を有している場合など、複雑なケースもございますので、ご相談ください。

遺   族 相 続 人 法定相続分
故人の配偶者と子供が健在の場合 配偶者 1/2
子供※3 1/2 × 1/人数
故人の配偶者もすでに死亡・子供だけが健在の場合 子供※3 1/人数
故人に子供がおらず配偶者と親が健在の場合 配偶者 2/3
1/3 × 1/人数
故人に子供がおらず配偶者と兄弟姉妹だけが健在の場合 配偶者 3/4
兄弟姉妹※4 1/4 × 1/人数
故人が独身で親が健在の場合 1/人数
故人が独身で親もすでに死亡・兄弟姉妹だけが健在の場合 兄弟姉妹※4 1/人数

※1)非嫡出子/結婚をしていない男女の間に生まれた子のことを言います。

※2)代襲者/本来血族として相続人になるはずだった人が、相続開始以前(同時死亡を含む)に死亡していたときなどに、その子や孫が代わって相続することができ ます。この相続人を代襲者と呼びます。

※3)すでに死亡している子供がいる場合は孫が、孫が死亡している場合はひ孫が、その死亡した子供に代わって相続人となる。嫡出でない子供の相続分は、嫡出である子供の相続分※5の半分となる。

※4)すでに死亡している兄弟姉妹がいる場合は、その子供が死亡した兄弟姉妹にかわって相続人となる。父母の一方のみ同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の半分となる。

※5)嫡出でない子供、嫡出である子供/結婚をしていない男女の間に生まれた子のことを嫡出でない子供、逆に結婚している男女間に生まれた子供を嫡出である子と言います。