遺産相続、相続手続き、遺言書のことなら岐阜県土岐市の司法書士法人グッドライフへ!

岐阜県土岐市(東濃地方)の司法書士事務所
ホーム > Q&A

Q&A

Q:親と子、同時に死亡した時の相続はどうなるのか。【同時死亡の場合】

親と子、あるいは夫婦などが、同じ事故などで死亡した場合、つまりどちらが先に死亡したのか不明の場合の相続はどうなるかということです。民法では同時死亡推定という規定が定められています。これは「数人の者が死亡した場合においてはそのうちの1人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでない場合は、これらのものは同時に死亡したと推定する」という規定です。同時に死亡したと推定されることになると、同一事故で死亡した当事者の間では相続は開始しません。なお「推定する」なので何らかの証言などで死亡の後先がわかれば、推定は覆され、当事者の相続が開始されます。

ex)今回のケースを説明しやすいように、被相続人親Aと子Bとします。同時死亡と推定されると親Aの遺産は、子B以外の親Aの相続人が相続をします。また、子Bの遺産は親Aを省く子Bの相続人が相続をします。親Aと子Bの間での相続は開始しません。

Q.胎児がいる場合の相続はどうなるか?

民法では「胎児は、相続についてすでに生まれたものとみなす。胎児が死体で生まれた場合はこれを適用しない」と定めています。胎児も子どもとして同様の扱いがなされますから、当然に相続および代襲相続も認められます。

Q.被相続人が離婚をしている場合はどうなるのか?

離婚届が提出されていれば、配偶者とは赤の他人になりますので、相続権がありません。ただし、離婚を前提として何年も別居中や離婚調停中にどちらかが死亡した場合は、離婚届は提出されていないので法律上では夫婦になりますので、もちろん配偶者には相続権があります。

もし子どもがいた場合は、離婚しても、姓が変わっても子どもとは親子関係はなくなりません。つまりその子どもはどちらについても両親の相続権を持つのです。またもし再婚し、その間に子どもが生まれていた場合はその子どもと同じ割合で相続ができます。

Q.養子や特別養子の相続分はどうなるのか?

法律上は、嫡出子も養子も子であることに変わりはありませんので、子と順位は同じです。養子と実親の間にも親子関係はあるので、養子は実親と養親との両方の相続権を持ちます。ただし特別養子制度※1によって縁組を成立させた場合は、実親とは縁組の時点で親子関係が終了するので、実親との間では相続関係は起こりません。

※1)特別養子制度/養子制度には2種類あります。普通養子と特別養子です。普通養子では、法律上は実の親と育ての親と2組の親を養子は持つことになります。一方特別養子では、法律上での、実の親との親子関係が切られ、養い親とだけの法律上の親子関係になります。

Q.相続財産に借金が多い場合はどうしたらいいか?

相続人が相続したくなければ相続放棄という方法があります。また相続したプラスの財産の範囲だけで借金を支払う限定承認もあります。明らかに借金のほうが多ければ、相続放棄をすればよいのですが、遺産がプラスかマイナスかわからない時に限定承認すると良いでしょう。