遺産相続、相続手続き、遺言書のことなら岐阜県土岐市の司法書士法人グッドライフへ!

岐阜県土岐市(東濃地方)の司法書士事務所
ホーム > 相続放棄とは

相続放棄とは

相続放棄について

相続放棄とは、被相続人のプラスもマイナスも含むすべての財産を継承しないことをいいます。

相続放棄をした法定相続人は初めから相続人でなかったことになるので、相続放棄をした者の子どもがその財産を継承すること【代襲相続】はできません。

相続放棄を選択するときは以下の場合が多いようです。

  • マイナスの財産が明らかに多い場合
  • 相続争いなどに巻き込まれたくない場合

被相続人が膨大な借金を残して亡くなった場合は、その法定相続人にその借金を負担させると残された家族の生活が成り立たなくなる場合もあります。またプラスでもマイナスの財産であっても、とにかく争いに巻き込まれたくない。以上のような人のために相続放棄という手続きがあります。もちろん被相続人が残した借金が多くても単純承認をしたり、限定承認をして借金を返済していくことも可能です。

相続放棄の手続き

いつまでに? 各相続人が、自分が相続人になったことを知ったときから3か月以内
※相続財産の状況を調査をしてもなお、相続を継承するか放棄するか判断する資料が得られない場合は、申立てにより期間を延長してもらうことができます。
どこに? 被相続人の最後の住所地の家庭裁判所
申述人 相続人
※相続人が未成年者もしくは成年被後見人である場合は、その法定代理人が代理して申述します。
必要なもの ・相続放棄申述書(裁判所のHPからダウンロードもできます。)
・申述人(相続人)の戸籍謄本・被相続人の戸籍謄本等(除籍謄本)
・被相続人の住民票の除票
・収入印紙(1人800円)
・返信用の郵便切手(1人400円)
・申述人(相続人)の認印

家庭裁判所で「相続放棄申述受理証明書」がもらえます。サラ金等の被相続人の債権者が押しかけてきてもこれを見せればいいのです。

注意事項

一度相続放棄の手続きをすると撤回ができません。ただし脅迫や詐欺によって相続放棄した場合は撤回が認められる可能性があります。

相続放棄が認められない例

以下の場合は、相続したとみなし、相続放棄が認められませんので注意してください。当事務所でもご相談を承ります。

  • 相続人が財産の一部または全部を処分した場合。
  • 相続人が相続放棄をした後であっても、財産の全部または一部を隠匿したり、消費したり、わざと財産目録に記載しなかった場合。