遺産相続、相続手続き、遺言書のことなら岐阜県土岐市の司法書士法人グッドライフへ!

岐阜県土岐市(東濃地方)の司法書士事務所
ホーム > ケーススタディー

ケーススタディー

相続放棄

父が知らない間に連帯保証人になっていた…

父が亡くなりました。賃貸住宅住まいでめぼしい財産がなかったので、特に遺産調査をしていませんでした。葬儀等の手続きがひと段落したところ、父の知り合いが銀行から借金をしており、その際に父が連帯保証人になっていること、その友人は破産をし支払いができないので、母と私たち兄弟に借金を返済してほしいという文書が送られてきました。父は頼まれると断れない性格ですので、他にも連帯保証人になっているかもしれません。また調べてみると「相続放棄」の手続きには期限があり、もう相続放棄はできないのではないかと混乱をしています。

対処法

すぐにほかの遺産の調査・確定をします。結果、借金が多い場合は、Aさんご家族(母・子A・子B)は相続放棄手続きをとるべきです。

相続放棄には期限があります。「自分のために相続があったことを知った日から3か月」内に家庭裁判所にその旨の手続きを取らなくてはいけません。相続人となった皆さんは、葬儀等の準備の手続きのあと、銀行からの連絡で初めてマイナスの遺産があったことを知ったことになるので、そこから3か月と考えることができます。ですからまだ間に合う可能性がありますので、急いで手続きをしなくてはいけません。

さらに、Aさんご家族(【第一順位】母・【第二順位】子A・子B)が相続放棄をすると、被相続人の父母は他界しているので、叔父が遺産を相続することになります。叔父さんに、突然借金を相続しろといっても寝耳に水で、迷惑でしょうから、Aさんご家族が相続放棄の手続きの際に、声を掛けて相続人全員で相続放棄をするといいと思います。

分割が難しい相続

遺産はマイホームのみ、どのように分ければいいのか…

父が早くして亡くなりました。遺産はやっとローンを払い終えたマイホームです。相続人は、私たち子2人と母です。私たちは現在家族がおり、家を出ています。母が一人家に住んでいます。父は遺産分割のための遺書は残していません。この場合はどうしたらいいのですか。

対処法

この場合の分割は、子は4分の1づつ、母は2分の1の相続分があります。もし仮に、このマイホームの土地と建物の時価評価額が1,000万円だったとします。家は1つですから物理上分けることはできませんね。ですから、

  1. 土地と建物を売却してそのお金を分割する。
    つまり土地と建物をすべて売却し、母は500万円、子は250万円づつ分割する方法。
  2. 母がどうしても家を出たくないのであれば、母が子の相続分の250万円づつ支払う方法
    換価分割といいます。
  3. 母が単独で相続する。

などがあります。他にも広い土地であれば、建物だけ売却して土地を分割したりさまざまな方法があります。皆さんの要望に合った提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

遺言

会社経営を長男に継がせる場合

Aさんは株式会社の代表取締役社長ですが、同社の発行済株式400株のうち、280株を保有しています。Aさんには長男と二男がおり、長男60株、二男が60株を保有しています。2人の子は同社の取締役に就任しています。長男はこれまで同社の経営・業務において父親Aさんの片腕として働いてきました。また、長男と二男はなにかと意見が衝突することが多く、その点が気がかりです。そこで、経営を長男に継がせるべく、Aさん所有の株式をすべて長男に相続させたいと考えています。

対処法(1)
株式の相続により承継者を指定

株式会社の役員(代表取締役等)は、株主総会や取締役会の決議により選出されるもので、遺言で役員を指定することはできませんが、希望する後継者が株主総会で多数の支持を得られるよう、遺言者の所有する株式を相続ないし遺贈させることができます。

対処法(2)
事業承継者には過半数の株式を

この場合、Aさんが所有する株式280株全部を長男に相続させることにより、長男の所有する60と併せて340株となるようにし、400株の過半数を超えるようにします。

対処法(3)
遺留分への配慮

遺言するにあたり、遺留分に関する規定に違反することはできませんので、基本的には遺留分を侵害しないように配慮します。 定期預金など他の遺産で遺留分を上回る金額を二男に相続させることにより、長男が遺留分減殺請求を受けないような配慮をします。また、生前に株式を贈与するのもよいでしょう。